2022年9月1日木曜日

State Funerals Destroy Democracy

Abe Shinzo, the destroyer of democracy

 

Immediately after the assassination of former prime minister Abe Shinzo on 8 July, leaders of all the political parties in Japan issued statements declaring that they would never tolerate such a dreadful act of violence that destroys democracy. This sounds like a perfectly natural response to the shooting, and no one should have any objection to it.

However, it is not only visible physical violence that destroys democracy. Johan Galtung, a Norwegian peace studies scholar, coined the term “structural violence” to describe a different type of violence in which the actors of the violent act are invisible. Structural violence means poverty, hunger, oppression, discrimination, obscurantist policies and the like. In retrospect, Abe Shinzo was the one who took full advantage of structural violence to destroy democracy by constantly spewing lies and deception, like a heavy smoker who spreads filthy smoke everywhere.

“Abenomics” – which Abe introduced as an “economic revitalisation policy” – has brought about a sharp rise in prices and huge wage disparities, while simultaneously increasing the defence budget every year. As a result, the lives of many ordinary citizens are heavily burdened, especially single-mother families, the elderly, and the homeless. The impoverishment of these people is increasing daily. Rather than revitalising their lives, Abenomics has forced many citizens to struggle to find ways to survive.

On Moritomo School, the Kake veterinary faculty, and annual cherry blossom garden parties, Abe squandered taxpayers’ money as though it literally grew on trees. When the truth was about to be exposed, he made bureaucrats under his control cover up, falsify, and destroy the evidence to get away with his crimes. In the Moritomo School corruption case for which he and his wife were largely responsible, he drove one of the Ministry of Finance officials to commit suicide, ultimately forcing him to take the final responsibility. If this is not violence, then what is?

Deliberately misusing and abusing Galtung’s concept of “positive peace”, Abe enacted one unconstitutional law after another. The law authorising the right of collective self-defence, the special secret protection law, and the conspiracy law all contain examples of his typically delusional claims.

In his bid to host the 2020 Olympic Games in Tokyo, Abe tried to cover up the effects of the Fukushima nuclear power accident by stating: “For those of you who are worried about Fukushima, let me assure you, the situation is under control. Tokyo has not been and will not be adversely affected in any way.” In so doing, he shamelessly lied to the world. Vast quantities of radioactive water continue to flow into the plant; the situation there is completely out of control.

In diplomacy, his deep sense of racial discrimination was blatantly reflected on many issues. For example, he tried to end the Korean pursuit of Japan’s war responsibility for the Japanese military sexual slavery (so-called “comfort women”) with a Japan–Korea agreement which he termed a “final and irreversible solution”. In fact, this characteristically deceptive phrase meant: “We will pay you a billion yen so you will shut up about the issue from now on.” In this way, one billion yen was used to buy the memory of the historical fact of Japanese military sexual slavery, and to erase the memory of this war crime from history.

Nonetheless, in response to strong criticism from the US media of his dishonest approach to the comfort woman issue, Abe expressed his apologies to President George Bush at Camp David in March 2007. The president accepted his apology, while both men ignored the actual victims of the Japanese military sex enslavement. Abe never expressed an apology directly to any former comfort woman prior to or following this meeting with Bush. Similarly, on the issue of US military bases in Okinawa and arms purchases from the US, Abe flirted Presidents Obama and Trump as if he were their pet dog wagging his tail, and he made huge US arms purchases.

Let me reiterate that Abe was the one who destroyed Japan’s originally fragile democracy by taking full advantage of structural violence. Furthermore, Trump and Abe are the two who will go down in history as the heads of state who told the biggest lie of all.

 

State funerals: acts of subversion of democracy by state powers

 

The Kishida administration and the Liberal Democratic Party (LDP) are eager to politically exploit the death of a democracy-destroying politician – this time, in the form of a state funeral.

Strangely enough, Abe’s death has exposed a long-standing cosy relationship between a pseudo-religious organisation called the Unification Church and many LDP members who accept large donations (bribes) and other forms of political support from this church. Abe’s assassin was one of the victims of this church’s dubious activities. Donning the false cloak of religion, the Unification Church takes advantage of ordinary people’s mental vulnerability to extort money and at the same time strongly advocate anti-communism.

In an effort to cover up LDP’s corrupt relationship with the Unification Church, the government is now trying to enshrine Abe as a “great defender of democracy,” wrapping his death in a second layer of lies to cover the many deceits of his lifetime. Accordingly, a solemn state funeral is now being planned as an official government event with many distinguished foreign leaders being invited. The true aim of this state funeral is to guard and preserve the political power of the ruling LDP by paralysing the public’s rational thinking. Politicians who have been victims of “vile violence” are the most convenient figures to be used for such state mythologising.

The same logic used to enshrine Class A war criminals is at work here. Once enshrined, war criminals such as Tojo Hideki must be remembered and revered as noble and holy human beings, and their personal histories must not be questioned. At the same time, the history of Japanese imperialism which produced such soldiers must not be questioned. When the state power mourns a particular person by holding a national funeral, it legitimises its own power by enshrining and mythologising the person. State funerals are held for the purpose of bringing political benefits to a particular political party or politician who is in control of state power; there is no such thing as a “non-political” or “politically neutral” state funeral. A state funeral is not only a clear violation of the Constitution of Japan, but also a very dangerous political act that destroys democracy.

Furthermore, the majority of people who are given state funerals are men; very few women are honoured in this manner. Although the status quo is changing rapidly in many other countries, it is still the case in Japan where politics are predominantly a man’s domain. Therefore, state funerals also serve to reinforce the culture of male dominance.

In many countries, state funerals include the ceremonial firing of cannons and guns. Consequently, the guard of honour who escorts the spirits of the dead, plays an important role in the funeral rites. In Japan, the Self-Defence Forces play this role at the Emperor’s Grand Mourning Service, which carries symbolic significance in sanctioning the military power of the state to the people. Through the national funeral, the guard of honour validates the idea that a nation can only be a nation by possessing a violent organisation of military power. In this sense, the state funeral is contrary to the principles of the Constitution, especially the Preamble and Article 9 of the Constitution.

 

The Guard of Honour from SDF attending Abe's Family Funeral on July 12
 

Indeed, on 12 July, at the family funeral of Abe, on the instructions of Kishi Nobuo, then Defence Minister and Abe’s younger brother, the guard of honour from the Self-Defence Forces attended the ceremony. The use of the Self-Defence Forces for a private family matter also seems to be a violation of the Constitution.

Bearing in mind these subversive aspects of state funerals, it becomes clear that they need to be opposed. Calling for their cancellation is an important expression of democracy by Japanese citizens. We need to be fully aware of this fact and expand our opposition to national funerals on a nationwide scale. 

 

Yuki Tanaka

 

 


2022年8月14日日曜日

国葬は民主主義を破壊する

民主主義を破壊した張本人、安倍晋三

7月8日、安倍晋三が殺害されるや、どの政党の党首も、そろって「民主主義を破壊する卑劣な暴力行為は決して許せない」という内容の声明を出した。これは当然の発言で、誰も異存は全くないはずである。

しかし、民主主義を破壊するのは、目に見える物理的な形の暴力だけではない。ノルウェーの平和学研究者であるヨハン・ガルトゥングは、暴力行為の主体が見えない暴力、とりわけ貧困、飢餓、抑圧、差別、愚民政策などを「構造的暴力」と呼んだ。顧みてみれば、安倍晋三は、ヘビー・スモーカーが汚い煙をパクパクといつも吐いているが如く、嘘と誤魔化しの発言を絶えず吐きながら、この「構造的暴力」をフルに活用して「民主主義を破壊」した張本人であった。

「経済再生政策」と称するアベノミクスでは物価上昇・賃銀格差を急増させながら、その一方で毎年の防衛予算の巨額の増大。その重い負担が国民一人一人に課せられ、多くの一般市民、とりわけ日々の生活費高騰に苦しんでいる母子家庭や高齢者、ホームレスの人々の生活を逼迫させた。その人たちの困窮化は、今もさらに進行中である。多くの国民は生活を「再生」するどころか、どうしたら生きていけるかと艱難辛苦の毎日である。

森友学園、加計学園、桜を観る会では、国民の税金を自分のポケット・マネーのように、文字通り湯水のごとく使った。その事実が露呈されそうになるや、自分にへつらう支配下の官僚たちに証拠の隠蔽、改竄、廃棄をさせて自分の罪を逃れた。夫婦そろって最も責任のある「森友学園問題」では、その最終的責任を押しつけられた財務省の職員の一人を自死に追い込んだ。これが「暴力」でないとしたら、何と呼べばよいのか!

破廉恥にも、ガルトゥングの「積極的平和」という概念を全く逆の意味に用いて、明らかに違憲である集団的自衛権を認める戦争法制定、特定秘密保護法制定、や共謀罪創設を、彼の典型的な虚妄の主張のゴリ押しで次々と実現させた。(安倍のスピーチ・ライターの中には、ガルトゥングの「積極的平和」概念を意図的に誤用することを思いつくような、悪意に満ちた狡猾な知識人がいたようである。)

フクシマ事故の忘却を狙った東京オリンピック誘致の演説では、「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」と世界に向けて大嘘をついて、その厚顔無恥のほどを曝け出した。放射能汚染水は今も大量に流れ込んで、完全に「制御不能」である。

外交では、彼の国家(=人種)差別意識が露骨に反映された。例えば、韓国に対しては、「日本軍性奴隷(いわゆる「慰安婦」)」問題での日本に対する戦争責任追求を「最終的かつ不可逆的解決」と称する「日韓合意」で終わらせようとした。この「合意」もまた安倍特有の誤魔化しで、事実は「10億円出すから今後はこの問題については黙れ」、つまり10億円という金で日本軍性奴隷の存在という歴史事実に関する記憶を買い取り、その記憶を抹消することを目的とする、傲慢不遜きわまりないものだった。

その一方で、アメリカに対しては卑屈といえるほどの低姿勢をとり、日本軍性奴隷問題では全く無関係のブッシュ大統領に謝罪し、沖縄基地問題や武器購入ではオバマやトランプ大統領に、飼い犬が尻尾をふるが如く媚びへつらって、武器の爆買いも行った。

再度述べておくが、安倍は「構造的暴力」をフルに活用して、元々脆弱な日本の民主主義を破壊した人物である。さらにトランプと安倍の2人は、大嘘をつきまくった国家首脳として歴史に名を刻み込んでおくべき人物である。

 

  

国葬は国家権力による民主主義破壊行為

岸田政権と自由民主党は、このような民主主義破壊者である政治家の死を、今度は国葬という形で政治的に利用しようと躍起になっている。

奇しくも、宗教というまやかしの蓑を被り、一般市民の精神的弱みにつけ込んで金を巻き上げ、反共を唱えている似非宗教団体(=実際には政治団体)と、多額の「寄付金(=賄賂)」を受け取ることに倫理的に無感覚になって腐敗しきっている多くの自民党議員との間での長年にわたる癒着が、安倍殺害事件を機にあばきたてられた。これを隠蔽する有効な手段として、安倍晋三を「立派な民主主義の防衛者」として祀りあげ、安倍が生前についた多くの嘘の上に、さらなる嘘で安倍を二重に覆い包み、自民党という政治権力の保身に努めるために、多くの外国人首脳を迎えて荘厳な国葬を執り行うことで、国民の思考を麻痺させようという目論みである。「卑劣な暴力」の犠牲になった政治家は、このような国家による神話化に利用するには最も都合の良い人物である。

ここには、靖国神社に東條英機をはじめとするA級戦犯たちを祀ることと同じロジックが働いている。A級戦犯という戦争犯罪人であっても、一旦、神社に祀られれば、「尊く、聖なる」人間として記憶され、崇められなければならず、彼らの個人的な過去は問題にしてはならないのであり、そのような軍人を生み出した日本帝国主義の歴史も問われてはならない。

同じように、国家権力が国葬を行うことで特定の人間を弔うことは、国家権力の正当化に都合の良い人間を祀り、その人間を神話化することで、国家権力そのものを正当化することと、実は直結しているのである。したがって、国葬は、国家権力を掌握している特定の政党、政治家に政治的利益をもたらす目的で執り行われ、「非政治的で、政治的に中立的な国葬」などというのはあり得ない。よって、国葬は明らかに憲法違反であると同時に、民主主義を破壊するたいへん危うい政治行為なのである。

さらには、これまた世界的に見られる傾向であるが、国葬の対象となる人間の大多数が男であって、女が国葬で弔われるというケースは極めて少ない。なぜなら、国葬の対象となる多くの男たちは政治家であり、近年急速に変わりつつあるとはいえ未だ政治の世界は男の世界であり、とりわけ日本ではそうである。したがって、国葬は、男優位文化を強化させることにもつながっている。

また、多くの国で、国葬には死者の霊を護衛する儀仗兵が葬礼で重要な役割を担い、弔砲や弔銃の発射を行うという儀式も行う。日本では天皇の「大喪の礼」で自衛隊がその役割を担う。このことは、国葬を通してその国家の軍事力を国民に向けて正当化するという象徴的な意味を持っている。すなわち、「国家は軍事力という暴力組織を持つことによって、初めて国家たりうる」という思想の正当化という役割を、儀仗兵は国葬を通して果たす。その意味でも、国葬は日本国憲法、とりわけ憲法前文と9条の理念に反している。

こうして国葬のもついろいろな要素を考えてみると、国葬は明らかに国家権力による民主主義破壊行為であり、これに徹底的に反対し、中止させることは、たいへん重要な市民の民主主義運動なのである。このことを私たちはしっかり自覚し、国葬反対の声を全国的規模で広げていく必要がある。

 


2022年7月20日水曜日

核時代の芸術と市民運動

去る4月7日~514日にシドニー大学で開催された核兵器関連のアートの展覧会と5月7日に行われたZOOMセミナーなどについて、企画に尽力された元シドニー大学日本語科教授のクレアモント康子さんが、日本のPOW研究会の会報28号(2022年6月発行)に寄稿された報告を、クレアモント康子さんとPOW研究会のご承諾をえて、ここに転載させていただきます。

 

ART AND ACTIVISM IN THE NUCLEAR AGE _

展覧会・土曜日講座・シンポジウム、202247日~514

開催報告

 

クレアモント康子(シドニー在住)

 

2020年よりコロナ、デルタ株が収まらないため再々度延期になった展覧会「核時代の芸術と市民運動」(ART AND ACTIVISM IN THE NUCLEAR AGE)はようやく202247日から514日にシドニー大学ティン・シェッズ・ギャラリーで開催になりました。本稿はその報告と並びに私が改めて感じた点について、述べさせていただきます。

 

展覧会について

今回の展覧会は核時代を明確にするため、原爆投下(1945年)前後から現在のロシア軍による、チェルノブイリ原発襲撃(2022年)までの76年もの時の流れを視野に入れています。まずは広島・長崎、そして一連の核実験地、ビキニ環礁、マラリンガとその後の被害状況、更に、原発事故―チェルノブイリ(現チェルノービル)・福島とその後、に関するアトミック・アート作品、絵本、漫画、市民運動の旗印になる作品など、特にICANの品々を展示しました。図録が以下のサイトから無料でダウンロードできます。

https://www.sydney.edu.au/architecture/about/tin-sheds-gallery/art-and-activism-in-the-nuclear-age.html

 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会はできる限り芸術性の高い作品を収集しましたが、同時に意味深い写真や絵本、オッペンハイマー*の能面**、被爆瓶の3D復元なども展示しました。あまりにも数多くの作品があるため当初はどこから始めたらいいのか、困惑しましたが、ティン・シェッズ・ギャラリー専属の学芸員のケイト・グッドウィンさんのおかげで何とか形になりました。入場するとすぐにタイムラインが目に入ります。タイムラインに沿ってその年に起きた核の出来事についての芸術作品のイメージをタイムラインの上と下に張りました。

 

タイムラインに続いて核時代の原点である広島・長崎の作品(深水経孝の『紀陽のあらし、長崎物語』の動画、上野誠木版画『生き残り』、森本順子『無題』、広島市民運動の最たる「市民の絵」12枚と四国五郎「辻詩」、丸木位里・俊の原爆の図「火」)が展示されました。特に「火」は原寸大複製布製で縦180cm90cmの日本の建築規格の一畳の大きさが8枚、のべ720cmで圧巻です。複製であったとしてもいずれも原寸大で、オリジナルに近い形を目指しました。この後に原住民の女性アーチスト3人による核実験地マラリンガの絵画、ビキニ環礁の反核ポスター、チェルノブイリの写真が続きました。4つの陳列ケースにはそれぞれのテーマに沿った作品が並びました。(1)ICANの核兵器廃絶運動Tシャツなど、(2)原爆漫画、(3)絵本、原爆詩集など(4)オッペンハイマーの能面を含む芸術作品の反核運動。

 

市民の絵12枚中の3枚には原爆被害者は日本人のみならず、海外留学生や強制労働者の韓国人、中国人、米兵捕虜が含まれていたことが描写されています。

 

土曜日講演会について

423日と430日の両土曜日の午後、対面で講演会を2度しました。(写真家メリリン・フェアセイクのチェルノブイルの写真とローマン・ローゼンバウムの原爆漫画評論)対面での講演会の良さはZOOMをはるかに超えて、講演者の作品への姿勢が感じられました。

 

シンポジウムについて

57日のシンポジウムはコロナ禍のため、全てオンラインウエビナーで開催し、ほぼ50人が参加しました。4つのセクション(原爆の図美術館の学芸員岡村幸宣、マラリンガのアーチストたち、ICANの創立者を含めた市民運動家3人、アラン・マレットと田中利幸による現代創作能と反核と加害)はそれぞれに第一線をいく市民運動家の活動を聞く良い機会でした。

幸いに展評も展示の区分がはっきりしていること、図録が充実していること、土曜日の講演会、シンポジウムなどを紹介し、好評でした。

https://www.youtube.com/watch?v=BQpgJPkHZcU

 

(田中による付記:

シンポジウムの全てのセクションが上記のyoutubeで視聴できます。

最初のパネル1の原爆の図美術館の学芸員・岡村幸宣さんのプレゼンテーションは日本語<英語字幕付>ですので、ぜひ観てください。素晴らしい内容です。

パネル4「核時代における日本伝統芸能・能楽の力」では、戦争の被害と加害の両方の記憶継承のために多田富雄の「新作能」が活用されるべきであるという内容のプレゼンテーションを私が、さらにシドニー大学名誉教授アラン・マレットが自作の新作能「オッペンハイマー」について説明しています。上記youtubeの最後のほうの4時間22分25秒あたりから始まります。)

 

今回の展覧会で改めて考えさせられたのは核の問題は丸木位里・俊の提唱した、いかなる形でも核の存在を許さないという非核芸術運動の限界でした。プロメテウスの「火」を与えられた人類はその「火」を使って恩恵を受けつつも、武器を開発し壊滅的な戦争を起こし得る存在です。当地ではnon-nuclear(非核)というとanti-nuclear(反核)の間違えではないかと問われました。核のない世界は考えられないのかもしれません。

 

シドニーでの展覧会は終了しましたが、ぜひブリスベンでも開催してほしいという要望があり、展覧会の巡回展がグリフィス大学、POPギャラリーで75日から716日まで開催されることになりました。 _

 

* オッペンハイマー(19041967)はドイツ系ユダヤ人の移民の子でニューヨーク生まれの物理学者。原子爆弾開発を指導し、「原爆の父」と言われる。後年共産党員と思われ公職追放になった。 _

** 英語新作能「オッペンハイマー」(2015年)シドニー公演に使われた北澤秀太作オッペンハイマーの能面。 _


2022年7月10日日曜日

広島市立中央図書館移転計画で峠三吉文学資料はどうなるのか?

 広島市は今年2月に、現在は市中心部の「平和公園」近くにある中央図書館、映像文化ライブラリー、こども図書館の3施設を広島駅前の商業ビルの中に移転する計画を発表した。松井市長は「利便性」や「文化機能の発揮」という考慮からの提案であると述べているそうだが、この説明は全くナンセンス。「利便性」からしても「文化機能の発揮」の点からみても、現在の場所のほうがはるかに適していることは誰の目にも明らか。古くなったこれら3施設を新しくするために市の予算を使わず、すでにある商業ビルの中に、いわば「丸投げ」の形で移転させて問題を解決しようという本音を隠すための、詭弁であることは明白である。このことは、以下の2月5日の朝日新聞デジタル記事からの引用からも明らかとなる。

「市が昨年12月から114日まで市民の意見を募ると、200件以上が寄せられ、大半が反対だった。移転先について『喧騒(けんそう)だ』などの意見があったという。………

読み聞かせなど子どもの本にかかわる人たちでつくる『市民の会』はこども図書館の駅前への移転中止を求めて1531日に署名活動を実施。対面で9804人分、オンラインで7804人分を集め、今月1日、市に提出した。署名とともに手渡した要望書では『十分な議論もないまま、早急に進めようとしている』と主張。併設されているこども文化科学館や周囲の公園などを含めた環境こそが『子どもの心を育む』とした。」

私が常に批判しているように、広島市の文学・芸術関連に対する態度は、常に、市が自称する「国際平和文化都市」という名称には全く逆行しており、とりわけ原爆文学・芸術の価値につていては「軽視」とも称すべき恥ずべき政策を、歴代の市長が一貫して取り続けている。なんとも情けないとしか、言いようがない。

実は中央図書館には、原爆文学関連資料である峠三吉や原民喜などの貴重な寄贈資料が数多く所蔵されているが、移転した場合、これらの資料が、果たしてどのような形で後世まで安全に保管されるのかだけではなく、「文化機能の発揮」のためにどのように活用されるのかなどについての説明は一切ない状態である。

 

この問題について、原爆文学について博学的知識を持っておられる「広島文学資料保全の会」の池田正彦さんから、7月1日発行の月刊詩誌『詩人会議』8月号に寄稿された論稿に少々加筆された原稿を頂いた。そこで、池田さんのご了解を得て、ここに紹介させていただく。

 

 

広島市立中央図書館所蔵の峠三吉文学資料は広島の戦後史・文化史をひもとく鍵

 

広島文学資料保全の会・池田正彦

 

 

昨年秋、突然、広島市は三施設(中央図書館・こども図書館・映像文化ライブラリー)を広島駅前商業施設エールエールA館に移転する案を提示した。この唐突さには、謎が隠されていた。この商業ビルを管理する第三セクターは大赤字でありこの補填のための「移転」なのである。広島市は問題を逸らすため「利便性」を強調するが、図書館の所蔵する鈴木三重吉をはじめとする文学資料(その多くは遺族や関係者の寄贈)についての処遇などにはまったく口を閉ざし「文化不在」と、市民からの大きな批判に曝されている。

 

私は、直接資料整理を担った「峠三吉資料」問題に絞り、これら「文学資料」の重要性を訴え、保管・管理態勢を蔑ろにすることへの警告としたい。

 

一九八七年、峠三吉の甥・三戸頼雄氏宅を捜索し、「大量の草稿類とともに<ちちをかえせ>の原形発見」(中国新聞見出し)した。その後、整理し、一九九〇年中央図書館に寄贈し、「資料目録」へとすすんだ。その目録序文(当時館長・西川公彬氏)では、「日記・蔵書・草稿・メモ等峠三吉の原資料、<われらの詩の会>関係資料や昭和20年代の地方同人誌等に関する資料も含まれており、峠三吉のみならず、広島の戦後史を知るうえでも大変貴重なものである」と、記されている。

 

目録に記録されている主な資料は次の通りである。

①『原爆詩集』に関わる直筆原稿類。それにかかわるメモ・日記など。

②主宰した『われらの詩』原稿を含む、関連資料。

③山代巴と共同編集した『原子雲の下より』原稿(未収録の児童・生徒・学生・一般市民から寄せられた原稿類)。

④書簡類(峠三吉に宛てられた書簡中心)。

⑤『原爆詩集』以前の抒情詩草稿。評論、短歌、俳句類。

⑥愛蔵図書・写真等。同人誌、『地核』(広島詩人協会)、新日本文学関係、さらに被団協の前身「原爆被害者の会」結成に至る資料など。

⑦遺品(デスマスク、ネクタイ、矢立、名刺、表札、印刷凸版など)

(この中には、盟友・四國五郎関係の書簡、『原爆詩集』表紙絵、「われらの詩」の表紙絵、追悼会に掲げられた肖像画なども含む)

合計3958点(一九九八年一〇月現在)

 

 

峠三吉

 

私は以後、広島大学研究支援金の助成を受けて、知られている中央図書館所蔵資料分と東京資料(甥・峠鷹志氏所蔵、後、日本共産党中央委員会へ寄贈)双方を合わせ(双方ともマイクロフィルム化されているが、中央図書館「資料目録」はわずか五〇部発行されているのみで、東京資料は長い間未整理であった)さらに追加資料を加えて、既存全資料の統一的目録と電子化を試みた。(『広島平和科学』26に掲載した文章を、経過・内容を理解いただくため、大幅に訂正した)

 

実は、東京資料においても、中央図書館資料においても、峠が主宰した『われらの詩』全号は揃っていない。この作業のなかで、「広島文学資料保全の会」が収集した資料を組み込み、全号新たにCDに収めた。

 

この事例のように、従来の資料の欠落を補い、かつ中央図書館目録を大幅に補充し、ジャンルあるいは内容ごとに年代順に整理した。新たな補充目録にCD化した資料を加えて必要資料を迅速かつ容易に画面で探し出される形、たとえばハイパーテクスト化する必要があると感じている。今回、これまで内容を知られることがなかった東京資料を新たに整理した結果を目録化した。(研究報告NO 32「峠三吉資料目録」松尾雅嗣・池田正彦 編2004年)東京資料に含まれる峠三吉資料の作品については、今日まで、峠三吉日記(被爆前後の日記)、詩稿、随想、短歌、俳句などは従来ほとんど整理・検討が加えられてこなかったものであり、峠三吉研究にとってきわめて重要なものと思われる。

 

峠三吉の作品については、今日まで、峠三吉自身が編んだ『原爆詩集』(青木書店、昭和27年)、『原子雲の下より』(峠三吉・山代巴編 青木書店、昭和27年)、また残された資料から編纂された、評伝『八月の詩人』増岡敏和著 東邦出版社、昭和45年)、『峠三吉作品集 上・下』(増岡敏和解説 青木書店、昭和50年)、『にんげんをかえせ』(且原純夫解説 風土社、昭和45年)などが刊行されているが、いずれもページ数などの制約から部分的な作品の紹介、日記や随想などの引用であった。とりわけ、一部の人を除いてこれらの資料の全体を閲覧することは叶わず、峠三吉研究にとって大きな弊害となってきたことは否めない。

 

1 抒情詩、戦争詩などの再検討

 

峠三吉は原爆に抗した「原爆詩人」として広く知られてきた。

そうした世相の評価や表面的な激しい生き方とは逆に、人となり、作品の多くは象徴的・抒情性を基調としている。残された作品群、特に東京資料に含まれる戦前期の資料からも裏づけられる。この背景となるのは、家族の文学的雰囲気と幼少期からの病弱・長い病床生活、キリスト教への信仰などが考えられ、『原爆詩集』にいたる「変革」は峠三吉研究の大きなテーマとしてとりあげられてきた。同時に、抒情詩人としての側面にこうした資料から照射していくことも、今後の研究課題と言えよう。

 

峠の戦争詩の問題もまた、検討の課題である。峠三吉も他の多くの日本人と同様、あの侵略戦争を「聖戦」とみなし、「幹部候補生採用願」や「幹部候補生志願学歴一覧表」などを提出し(病気療養中であり、当然採用されなかった)うじうじたる思いで少なくない戦争詩を残している。

 

峠三吉の抒情性、戦争詩の中身、戦後の一連の詩との総合的な関連の中で検討されることが、より大きな峠三吉像にせまることになると確信する。

 

2 短歌・俳句

 

峠は、詩と同時期に短歌・俳句を書きはじめている。その初期から自然詠より生活詠のほうが多く、一部は『峠三吉作品集・上』に収録されている。その解説で、増岡敏和氏は

「短歌や俳句には、いくつかの詩で直裁な戦争讃美のそれはない。むしろ客観的に、しかも『うたはこころ』だとする内部の声に従ってうたっており、そのおちついたうたいぶりは、逆に嘆きによって厭戦気分をそそるように書いたのではないかとまごうような作品となっている」と、述べている。

 

しかし、峠はいずれも昭和19年から20年(1945年)にかけて筆を絶ち、詩と童話に専念するようになった。峠三吉の場合特に、研究の対象が「詩」やその生き方に焦点があてられ、短歌や俳句はなおざりにされてきた感がある。20歳から25歳のまさに多感な青年時代を、初期作品とともに解き明かすカギがこのあたりにあり、この分野での研究が待たれる所以である。

 

3 推敲の課程:『原爆詩集』序のことなど

 

1987年に発見された峠三吉遺稿等の中で、注目されたのは「生」(A)と題された未発表の草稿である。これは『原爆詩集』の序で知られる「ちちをかえせ……」の原型と目される作品で「生」では

「勤めへと/食物あさりと/出たきり帰らぬ/父をかえせ/母をかえせ/………/にんげんの/にんげんたちの/都をかえせ/生をかえせ」

となっている。また同時に発見された遺稿の中に、ザラ紙にメモ的に鉛筆書きされた草稿(B)もあり、これらの推敲をみる時、峠三吉の身を削るような推敲を想像することができる。

 

広島文学資料保全の会。代表幹事であった、故・好村冨士彦氏は、「『序』に較べると、Bにおいても、Aにおいても状況的なものが具体的にリアルに描きこまれているが、最終的には個々のディテールを思い切って切り捨て、詩全体をひらがなにしている。そのことによってこれらの名詞は抽象的になり、メルヘン調な性格さえおびるにいたった。その結果『序』の詩は一段と普遍化をまし、『原爆詩集』の冒頭に置かれるにふさわしい、簡潔で力強いものとなった」(池田宛書簡 2002年4月23日)と記し、資料の重要性を改めて指摘した。

 

同様に『原爆詩集』に収録されている多くの作品においても、書き込みや書き直しの痕跡がある何種類かの草稿が確認されている。

 

また、『原子雲の下より』序文は、当初詩の形で構想していたが、途中で計画を変更し、青木文庫に見られるような散文の形式に落ち着いた。東京資料の中に未完の「序の詩」が存在し、メモ・書き込みから「もう一度血を喀いてもよい」(日記)という情熱が伝わってくる。この『原子雲の下より』応募総数は1389編とされるが、応募原稿の一部と思われる今回新たに発見された500余点を整理・目録化し、CDに記録した。

 

4 木片・本庁・包丁

 

『われらの詩』10号(1950年12月15日発行)には、原爆を描いた一編として林幸子・作「ヒロシマの空」が掲載されている。この作品は、その後、『原子雲の下より』(青木書店)、『日本原爆詩集』(太平出版)、『日本の原爆記録』(日本図書センター)などにも収録され、朗読されるなど多くの人に感動を与えてきた。

 

『われらの詩』10号では、「なつかしい/わたしの家の跡/井戸の中に/燃えかけの木片(きぎれ)が/浮いていた」となっている。ここでは「木片(きぎれ)」となっており、ルビまでうたれている。ところが、『原子雲の下より』では、「本庁」となり、まったく意味不明となっている。(一部では、それが「包丁」となったり、「本立て」になったりするのである)

 

間違いをことさら嘲笑するために例をあげたのではない。元もとの底本の存在に気がつかなかったか、また底本の閲覧すらままならない事情から派生したミスではなかろうか。こうした資料は、より多くの人が自由に閲覧できるシステムをつくることが大切だということをこの珍事は教えている。

 

5 書簡(はがき)など

 

書簡類(封書及び葉書)は、妻・和子や、長兄・一夫、長姉・嘉子、次姉・千栄子など親族から峠に宛てたものが残されている。

 

妻・和子に宛てたスケッチブックに記された絵日記(昭和26年)は、西条の療養所での様子や、饅頭の包装紙や電車の切符を貼り付けるなどして、面会に訪れる妻を待ち焦がれる心情を記録している。(また、病棟を図解し入院患者一人ひとりをユーモアあふれる絵入りで解説している)。

 

Kさんに宛てた花見のお誘い、Yさんに宛てた輸血の要請など、ほのぼのとした表現の中にきめ細やかさを滲ませ、メモ魔といわれた面目をしのばせる。

 

このような資質は、少年時代からのもので、広島商業学校(現・広島商業高校)時代の修学旅行・記念帳は、絵と日記とメモで埋められ、出発当日の様子は引率教師のあだ名ではじまり、途中立ち寄った姉・千栄子の部屋の見取り図など几帳面に写し、詩人としての繊細さとは別のおどけたひょうきんな一面を合わせもっていたことを伺わせる一コマである。

 

6 平和・文化運動史

 

膨大な峠三吉資料は、大きく二つにわけることができる。一つは、戦前・戦中であり、一つは戦後の作品群である。

 

戦前は、「聖戦」を信じ小市民として生きた一人の無名詩人であった。戦後は、その被爆体験から出発し、社会の変革と自己の変革を結びつけ、劇的変貌をとげた詩人でもあった。

 

その特異性をきわだたせた活動は、『原爆詩集』刊行などの文学活動にとどまらず、広島青年文化連盟や広島詩人協会による実践的活動、さらに日本製鋼所の労働争議への参加、われらの詩の会・反戦詩歌人集団の結成、丸木位里・俊「原爆の図」展の開催、平和擁護大会の準備、被爆者団体の呼びかけ・組織化、いくつかの職場サークルの結成など、実に多彩である。反原爆・戦争、平和と文化、抵抗運動などなど、まさに戦後の広島に平和・文化運動の旗頭として燃焼させていった。

 

この観点からすれば、峠三吉文学資料は個人の文学記録という範疇にとどまらず、いわば、広島の戦後の平和・文化運動史をひもとく貴重な記録・資料として位置づけられるものである。

 

蛇足になるが、同じように原民喜文学資料を中央図書館が所蔵している。この資料の多くは、佐々木基一氏から広島文学資料保全の会に託され(1535点)、整理・寄贈されたものである。(1994年4月)

 

最後に「最初」に戻ろう。

広島市は、中央図書館など三施設の移転(広島駅前商業施設エールエールに)を無謀にも決定しようとしている。が、収蔵している「文学資料」の説明は一切ない。「収蔵庫」など、今よりさらに劣悪な条件下が予測される「移転」は「平和・文化都市」の看板を放棄するに等しい野蛮な行為と言わざるを得ない。

 

 

2022年6月21日火曜日

北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席予定の岸田文雄首相への公開質問状

この公開質問状(個人賛同67名、団体賛同14)を岸田(広島)事務所宛に、広島市内から、6月20日に投函いたしました。

 

岸田文雄首相様

 

前略

 

6月5日の新聞報道によると、あなたは今月26〜28日にドイツで開かれるG7会議の直後、29〜30日にスペインのマドリッドで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席される可能性が高いとのこと。推察するに、その理由は、ウクライナ戦争(=ロシア・プーチン大統領によるウクライナ侵略戦争)に対するNATOの戦略への強い支持の声を伝えるためであろうと考えます。

いまここでウクライナ戦争勃発の原因やこれまでの経緯、戦争終結策などについて詳しく議論している時間はありませんので、1点にだけ絞って質問させていただきます。

 

NATOの「新しい戦略構想」における核戦略

 

質問は、あなたが自分の選挙区としている広島、すなわち米軍が犯した原爆無差別大量殺戮という由々しい「人道に対する罪」で多くの犠牲者を出し、77年を経た現在もまだ放射能汚染が原因で様々な疾患に苦しんでいる被爆者を出し続けている広島と核兵器との関連での質問です。

つい先日、NATOはその東部境界線における陸海空の防衛のために4万人の兵員を新たに増加することを発表しました。と同時に、来るマドリッドでのNATO首脳会議では「新しい戦略構想」を発表することも明らかにしました。NATOの「新しい戦略構想」は1999年以来、毎回、その軍事行動の範囲が、西欧を中心としたNATO加盟国地域をはるかに超えて、中東地域をはじめ世界各地に広がり、様々な武器開発と購入にも多額の資金が投入されてきました。この行動範囲と活動の広がりは、とりわけ2001年の9・11同時多発テロから始まったブッシュ政権の「対テロ戦争」に、密接に協力する形で進められてきました。そして今や、その戦略構想にはロシアだけではなく、アジア太平洋における中国封じ込め作戦にまで広がってきており、その「戦略地域」には宇宙空間までもが入れられています。

 この「新しい戦略構想」には、「化学・生物兵器、放射能ならびに核の脅威への備えと対抗策を高める」ことも含まれており、これについての議論も、マドリッドの首脳会議で行うことを明らかにしています。「放射能ならびに核の脅威への備えと対抗策を高める」とは、具体的にどのような「戦略構想」を目指しているのでしょうか。

現在、NATOの核兵器保有3カ国(米仏英)とロシアが保有している核弾頭は、合わせて1万2千発と言われています。言うまでもなく、広島で使われた原爆はTNT火薬に換算して15キロトンであったのに対し、例えば英国の核兵器の多くはその7倍以上の100キロトンです。しかし、これらの国が保有している大型核弾頭の多くが800キロトンという、もしそのうちの一発でも使われたならば、無数の人間と生物・植物を死滅させるだけではなく、確実に全世界の気候が甚だしく影響を受けることが間違いない、壊滅的破壊力を持つものです。

その上に、米軍がヨーロッパに配備している爆撃機搭載の核爆弾が150発ほどあります。それらには、最大170キロトンの戦略核兵器の他に、0.3キロトンほどの小型の戦術核兵器と呼ばれる、2種類があります。小型の戦術核兵器(いわゆる「使える核兵器」)の開発は、とりわけオバマ政権とトランプ政権下で、強く推進されました。ウクライナで核兵器が使われるとするならば、この2種類、とりわけ、最初の核兵器交戦の段階ではロシアもNATO側も戦術核兵器の使用から始めるでしょうが、一旦始まれば、急速に大型核兵器の使用へとエスカレートしていくことは避けられないでしょう。NATOが主張する「放射能ならびに核の脅威への備えと対抗策を高める」構想とは、ロシアへの核攻撃を想定して、この「使える核兵器」をNATOの東部地域にもっと数多く配備する計画であろうと思われます。

ロシア軍のウクライナ侵略が開始された2月24日段階で、すでに緊急発射の準備段階に置かれている核兵器の数は、ロシア側もNATO側も、それぞれ1千発と推定されています。つまり、これはウクライナ戦争と関係なく、常に配備されている核兵器の数です。その上に、2月27日には、プーチン大統領はロシアの核兵器を「特別警戒体制」に置いたと宣言しました。「特別警戒体制」が、具体的に何を意味しているのかは明らかではありませんが、使用する可能性がさらに高まったことを意味していることは間違いありません。その上にNATOの「新しい戦略構想」の実施は、ウクライナでの戦争を核戦争へと急展開させる危険性をさらに高めることになります。

 

戦術核(小型核爆弾B-61)

 

ちなみに核抑止力」の保持は、実際に核兵器を使う行為ではないことから、犯罪行為ではなく、政策ないしは軍事戦略の一つであるという誤った判断が一般的になっています。実際には、「核抑止力」は、明らかにニュルンベルグ憲章第6条「戦争犯罪」(a)「平和に対する罪」に当たる重大な犯罪行為です。「平和に対する罪」とは、「侵略戦争あるいは国際条約協定誓約に違反する戦争計画準備開始あるいは遂行またこれら各行為いずれか達成を目的とする共通計画あるいは共同謀議へ関与」(強調:引用者)と定義されています。「核抑止力」とは、核兵器を準備、保有することで、状況しだいによってはその核兵器を使ってある特定の国家ないし集団を攻撃し、多数の人間を無差別に殺傷することで、「戦争犯罪」や「人道に対する罪」を犯すという犯罪行為の計画と準備を行っているということです。

さらに、そうした計画や準備を行っているという事実を、常時、明示して威嚇行為を行っていることなのです。核兵器の設計、研究、実験、生産、製造、輸送、配備、導入、保存、備蓄、販売、購入なども、明らかに「国際条約協定誓約に違反する戦争の計画と準備」です。したがって、「核抑止力」保持は「平和に対する罪」であると同時に、「核抑止力」による威嚇は、国連憲章第2条第4項「武力による威嚇」の禁止にも明らかに違反しています。1996年の国際司法裁判所ICJの「核兵器の威嚇・使用の合法性に関する勧告的意見」も、その第47項において、「想定される武力の使用それ自体が違法ならば、明示されたそれを使用する用意は、国連憲章第2条第4項で禁じられた威嚇である」と明記しています。

核兵器の使用は大量殺戮と広域にわたる環境破壊、最悪の場合は人類破滅という結果をもたらす徹底的でかつ極端な破壊行為であることから、その実際の使用行為と準備・保有による威嚇行為は、性質上二つの異なった行為ではなく、一体のものと考えるべきなのです。広島・長崎の反核思想と市民運動は、「核兵器使用」反対だけではなく、この「核抑止力=平和に対する罪」という解釈を根本理念とすべきであることを、私たちは決して忘れてはならないと思います。

 

「極限状況における核使用」は許されるというあなたの考えは原爆被害者に対する裏切りです

 

  人類を殲滅し、地球を徹底的に破壊できるだけの、これほどまでに多量の核兵器をすでに配備しているNATOとロシアが、さらに核配備を増大させようとしている狂気的とも言える状況の中で、あなたは衆院広島1区選出の国会議員であり、いつも「唯一の戦争被爆国」を売り物にしている日本国首相として、マドリッドのNATO首脳会議に出席され、一体全体、何を述べられようとするのでしょうか?

2014年1月20日、当時安倍内閣の外相としてあなたは長崎で「核軍縮・不拡散政策スピーチ」と題して講演、その中で政府の新たな核兵器政策に関して言及し「核兵器の使用を個別的・集団的自衛権に基づく極限の状況に限定する」ことを核保有国が宣言すべきだと述べました。要するに「日米が集団的自衛権を行使するような戦闘で『極限の状況』と判断するような事態であれば、核兵器の使用が許される」という主張です。ところが「極限の状況」とはいったいどのような事態なのかについては、なんらの定義も説明もあなたはしませんでした。集団的自衛権は日本の国家と国民にとって「明白な危険性」がある場合にのみ使用するという政府の主張に、「明白な危険性」とはいったいどのような事態なのかについての説明が全くないのと同様です。

日本政府は米国の「核の傘=核抑止力」に依存するという方針を、一貫して内外に向けて明らかにしてきました。しかし「核兵器の使用」については具体的にどのような状況で使用を認めるかについては、それまで全く言及したことはありませんでした。よって2014年1月のあなたの発言は、日本政府が初めて「核兵器の使用」を公然と容認するものであった点で、極めて深刻です。「集団的自衛権」行使のもとでの「核兵器使用」は、単に米国の核兵器使用容認にとどまるものではなく、結局は、日本の核武装そのものの容認にまでつながっていく危険性をはらんでいます。なぜなら「集団的自衛権」を行使して米軍と共同で戦争を行うなら、米軍と同じ戦力を備える必要があり、そのためには核兵器保有も必要であるという論理を許してしまうことになるからです。

核兵器の持つ特殊な破壊力と性質上、「人道に対する罪」や「戦争犯罪」を犯さずに核兵器を使用することは現実的に不可能であるところから、「合法な自衛戦争」においてもこれを使用することはできません。また、どのような理由があるにせよ、一旦、小型のものであれ核兵器が使用されれば、大型核兵器の全面的な使用へと急速にエスカレートしていく危険性があることも明らかです。よって、個別的であろうと集団的であろうと、「自衛のための核兵器使用」ということは、法理論的にも現実的にも許されないことであり、したがって、「核兵器合憲論」は、憲法自体のみならず、国際法の観点からしても、論理的に不整合であり且つはなはだしく不条理です。同時に、原発(とりわけ高速増殖炉)と核燃料再処理工場の存在そのものが「潜在的核抑止力」と一体となっていることを考えますと、これらのいわゆる核エネルギー関連施設の存在は、憲法第9条の「武力による威嚇又は武力行使は国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」という条文に違反するものであると言えます。

すなわち、「核抑止力」は「平和に対する罪」であると同時に、憲法第9条にも明らかに違反する犯罪行為なのです。

  したがって、「極限状況における核使用」は許されるというあなたの考えは、米国による広島・長崎の原爆無差別大量殺戮の全被害者に対する裏切りだと、はっきりと言えます。そんなあなたには、衆院広島1区を選挙区とする資格はないと私たちは思います。

そこで再度お尋ねしますが、そんなあなたが、NATOが核戦略を含む「新しい戦略構想」を発表しようというマドリッドの首脳会議に出席され、一体全体、何を述べられようとするのか、具体的に広島市民に説明する責任が、広島を選挙区とするあなたにはあると思います。と同時に、「唯一の戦争被爆国」を常に強調される日本国首相としては、国民に対しても、NATOの核戦略についてあなたがどういう姿勢を取られるのかを説明される責任があると思います。

  ご多忙とは思いますが、今月26〜28日にドイツで開かれるG7会議に向けて出発される前に、そのことを是非とも説明していただきたいと思い、この公開質問状を提出させていただく次第です。

                                                草々

2022年6月13日

久野成章(広島市民、広島1区住民)

〒広島市中区堺町1−5−5−1001

田中利幸 (オーストラリア在住)

 

 

賛同者名(順不同、敬称略)

 

豊永恵三郎(被爆者 広島)、森口 貢(被爆者 長崎)木戸衛一、迫雅之、寺尾光身、五十嵐正博、有馬保彦、山端伸英、半田隆、クレアモント康子、川本隆史、都築寿美枝、岡原美知子、斉藤日出治、小泉雅英、山下恒生、松元保昭、ウルリケ・ヴェール、木原省治、行方久生、上羽場隆弘、新田秀樹、国富建治、小武正教、黒岩秩子、原仲裕三、加藤寿子、喜多幡佳秀、山下恒生、坂田光永、橋本卓三、國光 了、國光幸子、𠮷澤幸宣、竹内公昭、盛谷祐三、西岡由紀夫、浅川泰生、中川哲也、峯本敦子、池田正彦、岡嵜啓子、日南田成志、増田都子、横原由紀夫、石岡敬三、平原敦志、正木和子、正木峯夫、高橋博子、難波郁江、実国義範鴻巣美知子、宮岡照彦、大井恭子、武田隆雄、宮島武郎、石口俊一、藤本講治、塚本秀男、堀内隆治、山本英夫、五十嵐守、舟越耿一、中北龍太郎、星川洋史、三谷智美

 

賛同団体名(順不同)

 

HIROSHIMATIME 実行委員会(代表・田中伸武)

市民SOHO蒼生舎

日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク

平和と民主主義をめざす全国交歓会・滋賀

脱原発・滋賀アクション

ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)・広島

労働運動活動者評議会

改憲阻止!労働者・市民行動

ピースリンク広島・呉・岩国

ATTAC関西グループ

環境社会主義研究会

日本カトリック正義と平和協議会

関西共同行動

広島文学資料保全の会